ロゴ

故人も満足できる葬儀を執り行おう

葬儀を取り仕切るのは遺族ですし、参列者は故人の関係者です。葬儀というものは、主役は故人ですが、主催も参加も生きている人間になるものです。その為、どうしても、主催する遺族の意向が反映されがちになってしまいます。主役は故人ということを忘れずに、故人の為に執り行うものだという意識を持つことが大切です。

利用者が多い葬儀のスタイル

お焼香
no.1

少人数で行う家族葬

近年、お葬式も大規模なものを避け、簡素なものをと考える方が増えてきており、少人数で行う家族葬が増えてきています。親族や友人など、近しい関係者だけで行うので、規模が小さく、比較的自由に葬儀内容が決められますし、準備の時間も少なく、葬儀代も抑えることができます。

no.2

宗派に捕らわれない自由葬

近年では、宗旨・宗派に捕らわれない自由なスタイルでの葬儀も増えてきています。マナーや礼儀にこだわることなく、参列者が思い思いに故人をしのぶことが出来るということで、人気です。終活の際に、こだわりのあるかたは、こういうスタイルのお葬式をということで指定されることも増えているようです。

no.3

定番の一般葬

新しいスタイルの葬儀も増えてきていますが、やはり冠婚葬祭は、周囲の目もあるのでそれ相応のものをということもあり、一般葬を選ぶ方も多いです。個人の知人や会社関係者など、故人に関わった多くの方が参列することになるので、家族葬よりも規模が大きくなります。

まずは相談に行こう

なかなか、葬儀を行うのに慣れているという方はいらっしゃらないと思います。人はいつか死ぬということは分かっていても、自分の身内がいつ死ぬかなんてあまり考えたくないもので、急に近い方がなくなるということも多いです。そういった場合、葬儀のことなんて何も考えていないということのほうが多く、葬儀屋さんに相談することでスムーズに運びます。

葬儀と告別式の違い

故人の冥福を祈る葬儀

葬儀とは、遺族や親族が故人の冥福を祈り、弔うための儀式です。形式としては、宗教や考え方により、様々ですが、お坊さんがやってきて、お経をあげるというイメージが強い方が多いのではないでしょうか。最近では、終活で、エンディングノートなどで意思表示をされる方も増えてきていて、故人の遺志が尊重された葬儀が増えています。

最後のお別れを付ける告別式

告別式は、読んで字のごとく、別れを告げる式ということで、故人に最後のお別れを告げる場となります。以前は、葬儀後にお骨をお墓まで運び、埋葬前に行うことが一般的でしたが、現代では、葬儀と告別式を分けずに同時に行うことも増えてきています。

葬儀について知る【故人に満足してもらうための葬儀】

鈴

優良葬儀社のポイント

悪徳業者の手口として、最初に「○○万円で葬儀が執り行えます」といった広告を打ち出しておき、実は、それは基本的な葬儀の費用分だけという最低料金で、葬儀のドタバタに乗じてオプションをどんどん追加していき、終わってみて請求書をみて金額が高すぎて驚いたというパターンがあります。ですので、事前に葬儀の明細がはっきりわかる見積を出してくれて、そのプランの中に何が含まれていて何が含まれていないかしっかり説明してくれる葬儀社なら安心です。

埼玉で葬儀をするならこちらの業者へ☆

葬儀を埼玉で執り行なおう 葬儀社なら横浜市のこちらへどうぞ

広告募集中